出版者(社)のロイヤリティ

Parole.では、つくった本をParole.のWebショップで販売することにより、ロイヤリティ収入を得ることができます。

1、出版者(社)とは

Parole.において、本のデータを入稿したユーザーはすべて「出版者(社)」となります。

出版者(社)は本の発行主体となります。
出版者(社)ユーザーはParole.のWebショップで、印刷・製本料金に利益(ロイヤリティ)を上乗せした価格を自由に設定し、販売することができます。

詳しくは「出版者(社)とは」をご覧ください。

2、価格について

Parole.には2つの「価格」があります。

  • 出版者(社)自身が自分の本を購入するときの「出版者(社)価格」
  • 出版者(社)が他者にParole.上で販売するときの「販売価格」

販売価格は出版者(社)価格にロイヤリティを上乗せした金額となります。

詳しくは「価格」をご覧ください。

3、ロイヤリティについて

ロイヤリティとは、出版者(社)[=本のデータを入稿したユーザー]の利益を指します。

Parole.では、出版者(社)は0円以上で自由にロイヤリティを設定できます。
ロイヤリティは固定額で、1冊あたりで設定します。

ロイヤリティの概念や詳細について、詳しくは「価格」および「ロイヤリティ」をご覧ください。