入稿データをつくる

入稿データの形式

Parole.に入稿するデータはすべてPDFです。PDFの作成はAdobe Acrobatを使用するか、PrimoPDFなどのアプリケーションをご使用ください。以下の3つのチェックポイントがクリアされたPDFは、Parole.に入稿可能です。

  • 解像度が原寸で300dpi以上(貼り込んでいる画像の解像度も含む)
  • フォントが埋め込まれていること
  • ファイル名の末尾に拡張子「.pdf」が入っていること

これらの条件を満たすようにPDFを作成してください。一般に「プレス品質」でPDFを作成すると上記の条件を満たしますが、Parole.で推奨するPDFの形式は、印刷用の形式であるPDF/X 1-a(2001または2003)です。

画像データの解像度について

入稿データに画像を貼り込む場合には、原寸で300dpi以上を推奨します。パソコンのモニタやインターネット上での表示は、通常72dpiと低解像度ですので、ご注意ください。また、解像度をあとで上げることはできません。Photoshopなどの画像ソフトで解像度の数値を上げても、解像度は高くなっていません。高解像度(高画素数)で撮影し直す、または書き出し直すなどの作業を行い、300dpi以上にしてください。なお、解像度が低い画像は、粒子が荒い状態で印刷されますので、ご注意ください。

PDF/X 1-aのつくり方

Adobe Acrobat を使ってPDF/X 1-aをつくる方法は以下の通りです。

(1) PDF/X 1-aにプリントする

  • OS:Windows、MacOS 10.5以前

1、ファイル → 印刷 で、プリンタを「Adobe PDF」にする

#

※画像はMicrosoft Word 2003(Windows)です。

#

※画像はMicrosoft PowerPoint 2010(Windows)です。

2、「プロパティ」でPDF/X 1-a形式を設定し、「ページサイズ」をつくりたいPDFのサイズ(文庫、B6、四六判、A5などあなたがつくりたい本のサイズ)にする

#

  • OS:MacOS 10.6以降

1、ファイル → 印刷 で、「PDFとして保存」→「Save as PDF」を選ぶ

#

2、PDF/X 1-a形式で保存する

#

(2) PDF/X 1-aに保存する

  • OS:Windows、MacOS共通

1、あらかじめAcrobat DistillerでPDF設定を「PDF/X1-a」にしておきます。

#

2、作成したファイルを「別名で保存」します。そのときにPDFを選びます。

#

※画像はMicrosoft PowerPoint 2010(Windows)です。

(3) PDF/X 1-aに書き出す

  • OS:Windows、MacOS共通 / アプリケーション:Adobe Indesign

1、ファイル → PDF書き出しプリセット → PDF/X 1-a を選びます

#

  • OS:Windows、MacOS共通 / アプリケーション:Adobe Illustrator、Photoshop

1、ファイル → 別名で保存 → Adobe PDF を選び、「保存」をクリックします

#

※画像はAdobe Illustrator CS5.5(Windows)です。

2、ダイアログが表示されるので、「準拠する規格」を「PDF/X 1-a:2001(または2003)」にして、PDFを保存します

#

※画像はAdobe Illustrator CS5.5(Windows)です。

なお、OSやアプリケーションのバージョンによって、設定方法が異なることがあります。OSやアプリケーションの使用方法については、詳細は各メーカーにお問い合わせください。